ガーデニングサプリ

草と花と自然のコンサルタント🥦

気になったページは「ブックマークに追加」

イチゴ(苺)の育て方 レシピ

イチゴ(苺)のショートケーキの作り方

投稿日:

イチゴ(苺)のショートケーキの作り方

材料

  • デコレーションの材料
  • いちご 3パック分
  • スポンジの材料
  • 卵 250g
  • グラニュー糖 150g
  • 薄力粉 150g
  • 無塩バター 30g
  • 牛乳 30g
  • ホイップの材料
  • 生クリーム(牛乳由来) 500cc
  • グラニュー糖 45g
  • バニラエッセンス 少々

 

手順

  1. ホールの型枠を用意して、焦げ付かないようにクッキングペーパーをセットします。
  2. 卵とグラニュー糖をボールに入れて混ぜます。湯煎をしてあたためて溶かしていきます。
  3. ハンドミキサー等で泡立てます。十分にあわ立ったら、薄力粉を少しづつ入れながら混ぜていきます。
  4. 湯煎して溶かしたバターと牛乳を入れて混ぜます。
  5. ホールの型に入れてオーブンで焼いてスポンジを作ります。 180℃で30~40分焼きます。スポンジに弾力が出てくれば、でき上がりと判断します。型から出して冷やします。
  6. 十分に粗熱をとったら、ラップなどをして、冷蔵庫で十分に冷やします。
  7. 生クリームにグラニュー糖を入れてよく泡立てます。
  8. スポンジの間に挟むイチゴを薄切りにします。他にフルーツなどを挟む場合はここで用意します。
  9. 冷めて出来上がったスポンジを3枚にカットします。
  10. スポンジの間に出来上がったホイップを塗って、スライスした苺を置いて、スポンジを重ね合わせていきます。 3段重ね終わったら、全体をホイップで包むように綺麗に塗り整えます。
  11. ケーキの上に苺を載せて、デコレーションして、冷蔵庫で冷やします。 十分に冷え、ホイップがしぼみ、染みこんで形が崩れないようになったら完成です。

解説

やっている事自体は簡単に出来てしまう、意外と簡単なショートケーキの作り方です。
ただ、手数が多く、時間もかかり、面倒なことがあるかもしれません。スポンジの間に挟むフルーツ次第で、ケーキのバリエーションが広がります。

オレンジ、キウイフルーツ、、、イチゴ以外の様々なケーキが作れます。

また、自分で作るメリットとして、スポンジを好みの硬さにできるとういことが言えます。材料費もほとんどかからず、ホールケーキを買うよりお得感はだいぶあります。

砂糖はほとんどスポンジに入っていますので、それを加減して、間に挟むフルーツの甘さで味を変えるというのも1つの手です。
ホイップがなじまないと、雪崩のようにスポンジが崩れてしまいます。そのために、数時間は冷やさないといけません。
イチゴは12月が一年で一番需要があるのだそうです。でも、イチゴは2,3,4月頃が普通の旬です。

12月にイチゴを作るなんて、季節を逆転させた栽培をするようです。また輸入もあるようです。
イチゴの1パックあたりの値段も最も高い時期になります。ここでイチゴのショートケーキなんてとても贅沢なことです。

春過ぎの夏前あたりのもっとも値段が安い時期になら数分の1の値段で買えます。

                           -

注目のアイテムを見る

 

 

注目のランキング

 

 

注目のランキング

検索する

ホーム画面に追加する

ブラウザのメニューから「ホーム画面に追加」をするとアイコンが作成されて見やすくなります。

RSSで購読する

*FeedlyなどのRSSリーダーで購読するには以下のURLをご使用ください。

人気のブログを見る

・にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
・ブログランキング

栄養を補給する

 

 

気になるページはブックマークに追加!