ガーデニングサプリ

園芸と家庭菜園のノウハウサイト🥦食物の自然な力を取り入れる!

気になったページは「ブックマークに追加」

ハクサイ(白菜)の育て方 種まき方法

ハクサイ(白菜、タケノコハクサイ)のたね

投稿日:2020年9月23日 更新日:

ハクサイ(白菜、タケノコハクサイ)の種まき方法-時期、発芽適温、発芽日数、発芽難易度-難しい?簡単?-育て方

種の外観


一般的な市場に流通しているハクサイの種です。


タケノコハクサイと呼ばれる少し形の違ったハクサイの種です。
固定種です。

種の大きさ、重さ

大きさは菜種のサイズです。キャベツやブロッコリーと違い、小さいタイプの方のサイズの種です。

こんなに小さい種から大きな2,3kgにもなるハクサイが数ヶ月のうちに生育するなんて驚きです。

種の構造

中は脂肪分などがあり、マスタードというか、菜種油、サラダオイルというか、そういうものが搾り取れるように栄養豊富な子葉の部分を持っています。

種まきの発芽の難しさ

発芽適温:20~25度、発芽日数:3~5日

種まき時期:7~9月頃の他、品種によりトウ立ちしない時期を選べば、ほぼ一年中、種がまけます。(平野部)

はくさいの種まき方法

とにかく、種が高いのに小さい、1粒づつ扱い、立派な苗を作るために出来る限り、ストレス無く成長させる、、とにかく、少しでも不適切な育苗をすると、上手く大きく結球しなくなったりしてしまいます。

短期間で栽培するのと、虫にも弱く、また、高温性の野菜ではないのに、真夏に種を播くという、家庭では、かなり厳しい条件ですが、不織布などで防虫対策をすれば、半日陰において、発芽させて、小さくても苗にするところまでは、意外と簡単です。

しかし、あまりいい苗ができないというのが家庭菜園でハクサイを種から育てた感想です。土地が広くて、涼しい気候の場所であれば、十分に地面に種を播いて、防虫対策をすれば、最適な苗が作れるかもしれませんが、家庭菜園で数本作るというのではかなり、面倒です。

特に根が弱く、少し容器の中で根がいきづまったりしただけで、その後の成長に影響が現れます。また、結球するチャンスは冬場を逃すと、春にはトウ立ちしてしまいますのでありません。ブロッコリーやキャベツなどと似たような時期に苗を育てますが、その気を使う度合いは比較になりません。

キャベツやブロッコリーは、どんなに貧弱な苗でも、植えさえすれば、遅くても、春先には収穫が可能なほどにまで成長できます。それにひきかえ、白菜は1チャンスのみで、植えるときに成長が足りなければアウトとなります。葉の枚数も最適な枚数で栄養も与えておいて、大きな葉になっていないと、冬までの短い期間で成長させることができないものです。

苗を買うのが確実ですが、苗も結構な値段がします。年によってはハクサイが高いのでお得なこともありますが、激安の年もあります。

1つ500円を超える年、100円で買える年、なんとかしてほしいものです。しかし、冬の定番野菜で、鍋料理には必須の白菜です。

種まき、発芽は、非常に簡単で、高温になると発芽しません。


タケノコハクサイと呼ばれている、細長いハクサイの発芽直後の様子です。


一般的な白菜の発芽直後の双葉です。


本葉が生え始めたところです。
白菜の本葉はギザギザしています。

 

                           - # #

注目のアイテムを見る

 

 

注目のランキング

 

 

注目のランキング

検索する

ホーム画面に追加する

ブラウザのメニューから「ホーム画面に追加」をするとアイコンが作成されて見やすくなります。

RSSで購読する

*FeedlyなどのRSSリーダーで購読するには以下のURLをご使用ください。

人気のブログを見る

・にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
・ブログランキング

栄養を補給する

 

 

気になるページはブックマークに追加!