ガーデニングサプリ

草と花と自然のコンサルタント🥦

気になったページは「ブックマークに追加」

カブ(蕪)の育て方 種まき方法

カブ(蕪)のたね

投稿日:2020年9月23日 更新日:

カブ(蕪)の種まき方法-時期、発芽適温、発芽日数、発芽難易度-難しい?簡単?-育て方

かぶの種の外観

種の大きさ、重さ

大きさはとても小さい種で、菜種の中では小さい方です。品種により多少の大小の違いはあります。

種の構造

一般的な菜種の構造をしています。

種まきの発芽の難しさ

発芽適温:~度、発芽日数:~日

種まき時期:月頃(平野部)

蕪の種まき方法

ほとんど何も考えずに、ばら撒きという播き方をします。 筋蒔きで播いたほうが実際には効率がいいと思います。

何も場所があっても、均等にある一定の面積に完全に均等にばら撒きできるわけではないので、筋蒔きがいいとなります。指で、土の上に筋をつけてその中に種を1粒ずつがくっつかないように播いていく感じですが、これは1粒づつ播くのではなく親指と人差指で何粒も同時につまみながら、指をこするようにしてバラバラと種を落としていきます。

決して、いやなるべく、種同士が離れているようにまければいいものです。どっちみち、何回も選抜して抜いていくわけですので、感覚が詰まっているのは構いません。

あとは、指で土を寄せて上から軽く抑えて、水を播けば間違いなく成功です。


時なし小かぶという品種です。
発芽後、だいぶ経過しています。
双葉がすでに落ちています。


日野菜かぶという、根元が紫色のカブの発芽後、本葉が成長してきた様子です。
茎がすでに紫がかっているのが分かります。

 

                           - #

注目のアイテムを見る

 

 

注目のランキング

 

 

注目のランキング

検索する

ホーム画面に追加する

ブラウザのメニューから「ホーム画面に追加」をするとアイコンが作成されて見やすくなります。

RSSで購読する

*FeedlyなどのRSSリーダーで購読するには以下のURLをご使用ください。

人気のブログを見る

・にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
・ブログランキング

栄養を補給する

 

 

気になるページはブックマークに追加!