ガーデニングサプリ

草と花と自然のコンサルタント🥦

気になったページは「ブックマークに追加」

キャベツの育て方 種まき方法

キャベツのたね

投稿日:2020年9月23日 更新日:

キャベツの種まき方法-時期、発芽適温、発芽日数、発芽難易度-難しい?簡単?-育て方

種の外観


普通の秋冬栽培キャベツの種です。


レッドキャベツ、赤キャベツの種です。
海外種で固定種だったのですが、赤さは種には見えません。

種の大きさ、重さ

大きさは少し大きい菜種です。

種の構造

黒い殻に覆われています。

種まきの発芽の難しさ

発芽適温:15~30度、発芽日数:5日~1週間程度

キャベツの種まき方法

種まきは非常に簡単で、発芽自体は高温でも発芽します。むしろ、冬のイメージが強いキャベツですが、低温だと発芽しないことからも高温、中温の 時期の野菜といえるかもしれません。また、海外より渡来した野菜であることから分かるように日本の寒い冬に育てるのがいいとは限らないようです。

しかし、寒い時期にはキャベツが細胞が凍らないように自分の細胞の中の糖分を多くして凍りにくくするそうです。そのおかげで冬は甘いキャベツが 作れるというのも事実です。また、現実的に虫の多い夏に育てるには完全防虫のネットと農薬がないと、虫にかじられたキャベツができてしまいます。

この時期に売られているキズ1つないきれいなキャベツはある意味、自然とはいえないのかもしれません。冬は家庭菜園では無農薬でも育てられます。

キャベツにおいては、蕾が出てくる、とう立ちすることが最大の問題となります。キャベツとしての葉を内部から破壊して長い花芽が飛び出してきてしまう のです。これも条件があり、決まった葉の枚数の時に、決まった温度を経験すると、蕾が形成されるようです。

これが品種ごとに実に事細かに分かれています。F1品種などを適当な時期に播くのはとう立ちリスクがあります。

固定種、海外種などは、まずは、秋冬に植えつけて、冬から春前に収穫するということで育てられる場合がほとんどです。


キャベツの発芽後すぐの双葉です。


赤キャベツの双葉が発芽した直後の様子です。

                           - # # #

注目のアイテムを見る

 

 

注目のランキング

 

 

注目のランキング

検索する

ホーム画面に追加する

ブラウザのメニューから「ホーム画面に追加」をするとアイコンが作成されて見やすくなります。

RSSで購読する

*FeedlyなどのRSSリーダーで購読するには以下のURLをご使用ください。

人気のブログを見る

・にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
・ブログランキング

栄養を補給する

 

 

気になるページはブックマークに追加!