*気になったページは「ホーム画面に追加」がおすすめです*

栽培日記

vegetablegardener ベジタブルガーデナー

投稿日:2010年4月22日 更新日:

vegetablegardener ベジタブルガーデナー


http://www.vegetablegardener.com/

USのガーデナーのための情報サイトです。
専門家による解説やビデオなどがあり、人気のガーデナーが登場して、USのガーデニングがどんな感じなのかよーく分かります。

いいですねー。

こういうのを目指しているんですよね。キッチンガーデン。「kitchen garden」本来のUSの定義を実際に見れます。

こないだ、ガーデニングショーというものに行って、肩透かしをくらいましたが、日本における、家庭菜園とガーデニングというのは別の感じです。

なんというか、家庭菜園というと、やたらと、市民農園を借りたり、ベランダでプランターを置いたりしてやるとういイメージが有り、庭には観賞用の草木を植えるというのが日本の伝統的なスタイルです。
たしかに、住宅事情を考えれば、仕方が無いんでしょうが。農家の家の庭じゃない限り、庭の中心に野菜を植えている住居は珍しいみたいです。日本では。

自分はなんとなく、庭づくりをしていたら、食えるものをキッチンの近くに育てるのは効率がよく、なにより、野菜って、草木よりも美しいと思うんです。

そんなこともあり、うちの庭は歩くのに支障が出るくらいトマトが茂っています。そのブッシュをかいくぐってトマトの臭いをかぎながら、夏の水やりをすると最高に気分がよいです。

そんなことをやっているのが、USのガーデンキッチンのようで、みな庭の中心に野菜を育てています。椅子を置いて、BBQをやったり、もちろん、見た目がとてもよく作られています。

ガーデニングの道具もとても斬新で美しいスコップやじょうろを使い、余計な資材はおきません。
思わず買いたくなってしまいます。これは、主婦だけがやるということもないでしょう。
コンポストも流行りのようで、これを見てるとやりたくなります。まー、あれだけ広い家に外国ですめるもんならそりゃー幸せだ。という話もありますが。

資材や苗なんかも結構な値段がしているんです。
トマトを育てられるテラコッタ鉢と土のPerfectSetとかいって、60ドル以上しています。
日本のホームセンターで売っていててもかわないでしょう。
ようするに一流の趣味として認知されているのでしょう。バラを育てるような。
昔はUSはジャンクフードばかりというイメージがありましたが、いまやオーガニック、キッチンガーデンとすっかり、健康志向になっています。

このままじゃ、日本人のコンビニジャンクフードづけの生活じゃ、不健康国家になりますよ。

vegetablegardener ベジタブルガーデナーという言葉は正しいんでしょう。
 野菜をガーデニングするということですから。

日本ももっとこういう分野が盛んになればいいのに。ガーデニングショウーももう少しましになるのに。

                           -