一体Googleは何を考えているのか?

Googleのコアアルゴリズムアップデートを見ていると一体この先Googleは何をどうしたいのか考えるようになります。

たとえば、SHOPや企業のページを特定のクエリのときだけ優先的に表示するという改善が入ることがあります。

みな企業やSHOPになればいいのか?

と考えることだと思います。

また、企業やSHOPにはGoogleから広告を出すとユーザーが沢山来ますよと強くアピールしてきます。

Googleは何を考えているのか?

これはGoogleビジネスに登録してみると分かるかと思いますが無料でマップに登録できる代わりに広告も出してください。

というニュアンスが多く伝わってきます。おそらくSHOPや企業に広告をPUSHしていきたいのだと思います。

かたや、Webサイトでがんばってまとめた結果が一番先頭にGoogleから作成したページとして表示されていることがあります。

あれは誰かのまとめを表示しているものです。

一応、リンクもありますがそうはいってもコンテンツが参照された形になっています。

こういうものを見ていると分かると思いますが、もしかしたら検索しても結果が1件も出てこないページが登場する日も近いのでは?と考えてしまいます。

噂では聞いたことがあったのですが、真偽の程は定かではありません。

いずれにせよ、これからはよいサイトは積極的に紹介してお友達になってどんどん輪を広げていくのが理想的だと思います。

そして、読者がいいと思えばブックマークしてくれる。

そういう時代になったのだと思います。

検索の時代は終わった!?

スマホの打ちにくいフリックで検索キーを入れて見にくい画面で検索結果を見る人は少ないと思います。

もし、自分も個人的な用事のためにスマホで探しものをするときにGoogleなどの検索は使いません。

せいぜい、Twitterの検索を使うくらいです。

こちらのほうが人がいいと思ったものが優先表示されて鮮度が高いので分かりやすいですし、UIがいいのです。

インデックスされるのもリアルタイムですし、難しいキーを考える必要もありません。キーが完全マッチするかどうかだけを考えればいいだけです。

#タグもあります。

そうです。

話はそれましたが、がんばってWebサイトを作ってもGoogleに吸収されちゃう!というようなイメージでしょうか?

現在ではそんな感じもします。

ユーザー同士で共有した情報が一番有意義で、人間のチェックが入っているから信頼できるということです。

ただし、1つ残念なのがTwitterでは嘘や薄い情報でも拡散されてしまうことです。

こういうのが増えているのでなかなかいい情報が見つけにくいのが現状です。

このあたりは通報機能の影響を強化すると一気に解決してしまいますが、ほどほどにした方が活性化します。

インスタはいいのですが、ちょっと違う感じがします。

Twitterのような何かがあればいいような気もします。

コミュニティ共有、ソーシャルブクマは強い!

ライブドアブログやアメーバブログやはてなブログのようにコミュニティ内でカテゴリ別に表示する機能があるのはやはり強力だと思います。

これからはこういったものの力がより強くなると思います。

と思ったのですが、どうやら次の斧が用意されているようです。これではたまりません。

独自ドメインでできるところは大丈夫そうですが。

カテゴリ別記事の仕組だけを外部サイトで運営するのが一番いいのですがそれはニュースポータルのやっているようなことです。

しかし、ここまでハードルが高くなってしまうともはや主婦や女性の方が手軽にアフィリエイト商品を紹介することが難しくなってしまいます。

それ用の場所が容易されていればいいですが、インスタはリンクが貼れません。

これは本格的に「Googleは何を考えているのか?」という感じですね。

相当覚悟を決めてメディアを運営していないときつそうです。