AMPの可能性に感動して適用しましたがおそらく消えゆく技術ではないかと思います。

1つの考え方ですので決してそうはならない。消えはしないと思いますが、AMP化をおすすめしていたのですが自分のsiteの方でもこれは意味がないのでAMPを徐々に辞めています。

本当にGoogle社には翻弄されますね。

なにか会社の業務を全て自動化してコンピュータで処理することにこだわっていて、人手で行うチェックのような品質の良いものができない感じが全般的にただよっているきがします。

ですから、OSの開発やインフラの運用などのコンピュータの世界の技術では最高峰で信頼できるのですが、どうしても自動化以外の部分が駄目なような気がします。

結局、人手でやって何が悪い?

ということです。

みんなは人間なんです。

コンピュータが作ったロボットのために世界経済が動いているわけではないのです。

どっちかっていえば便利だけど人間の方が大切というのが大前提だということを忘れてはいけません。

地球を大規模プラントにしてビニールハウスのように自動的に栽培して生産するための施設にするならいいのかもしれませんが、一応ロボットを作っているのも人間ですのでそういうことは考えません。

さて、

AMPの技術はいいですがまず、100%廃れると思います。

もう本当に時間の無駄だった。

勉強になったともいえますが、もう二度と触れたくないことです。

こんなことをする前にもっと他のことに費やしていればよかったと思います。

別に速さは容量で決まるわけですから、AMPにしたって所詮回線速度が遅い日本ではデータ容量だけが重要となります。

そして、高速計算をさせるわけでもないので必要ありません。

ゲームのような性能を求めるならアプリで行います。

というわけで、自由度が奪われるわりにメリットが無いというのがAMPが消えると思う理由です。

AMPを使うことで多すぎる制約が駄目にします。

それはHTMLの今まで長年かけて決めてきた規約を捨てるようなものです。

こんな無駄なことはいらないと思います。

別にAMP化するのはプラグインで済むのでかんたんなのですが、レイアウトを微修正しないといけなくなり、その修正が結構な時間を費やします。

また戻すときにも時間がかかります。

レイアウトの勉強をするにはいい教材かもしれません。

あと少しここをこうしたいという要望を満たすにはどうしたらいいか?

そんなテストです。

たしかに新しい技術があってそれを試さないならもう人間として成長できませんのでよかったのかもしれません。