*気になったページは「ホーム画面に追加」がおすすめです*

栽培日記

油かすの使いかた

投稿日:2012年2月7日 更新日:

油かすの使いかた 堆肥は出荷規制



堆肥は、原発事故の影響で規制がかかりました。
これで冬野菜を作ることが難しくなった人がたくさんいるようです。自分は相変わらずここ何年間も油かすしか使っていません。
油かすの原料は菜種の油カスなので菜の花だと思います。
菜の花自体にセシウムが集まることも考えられますが、国産であることがないので問題ないでしょう。
最近では通販で油かすを買っています。
20キロで1500円以下です。これは便利で何にでも使えます。
使い方としてはやはり土と油粕を半分ずつ混ぜ合わせ、そして株元にばら撒くという方法です。油かす自体は肥料の効果はすぐに切れますので、追肥は常に必要となります。また元肥して油粕を使う場合にも効果は長続きしませんのでやはり少し違うのかもしれません。
うちではほとんど使っていませんので、油かすの追肥のみということになります。
冬野菜は元肥が必要かもしれませんが夏野菜に関しては特に問題になったことはありません。
ただこの今回の問題で堆肥が使えなくなったことによって生産農家は大打撃を受けたでしょう。
生産農家が油粕を使うなんて言うのはあまり考えられない使い方だからです。堆肥で肥料効果が高いのは豚糞だそうです。
しかしとても臭くたまったものではありません。また堆肥は最近大問題となっているO-157大腸菌の心配があるはずなのですが、それが問題ないと言われているところが逆に怖いです。油かすの使い方というよりは肥料の使い方ということが重要だと思います。
肥料を葉物に使うとすぐに虫がつきます。また使うタイミングを間違えると毒にもなるようです。

                           -

-最新のガーデニング情報を配信!-
友だち追加
-PR-