ガーデニングサプリ

草と花と自然のコンサルタント🥦

気になったページは「ブックマークに追加」

イモ(芋)の育て方 伝統野菜 伝統食材

松茸の味と産地

投稿日:2020年10月13日 更新日:

松茸とは?

松茸の原材料、成分、料理レシピ、使い方、飲み方、味、産地、歴史、カロリーなどの情報です。美味しく食べて美容と健康にいい食生活にしましょう。

松茸のデータ

伝統食材名 松茸
英語名 Matsutake mushroom
有名な産地 本州全域
伝統食材の説明 香りが豊かなキノコとして有名です。
原材料 マツタケ
歴史、由来 日本では日本書紀に記述があるくらい古くから親しまれているキノコです。
味、香り、食感の特徴 松茸の香りがします。食感は松茸の食感です。他にはない香りと食感がするということです。味はほとんど感じられません。
よく使われる料理、よく合う料理 焼き、吸い物、他
有名な商品名など 生鮮 松茸、”国産松茸” 訳あり、【訳あり】料亭松茸規格外品
値段、希少性、入手性 高価です。
カロリー、栄養素 20kcal(100g当たり)
備考、メモ 松茸が生えてくれば、将来安泰かというほど、高級な食材です。国産は特に高いものが有ります。松茸が生えてくる山を持っていればじつに裕福な生活が一生、いや、未来永劫続きそうですが、それはどうでしょう? 松茸というのは、じつに不思議なキノコでちゃんと生えてくるか不安定な部分があり、それが人工栽培を難しくしています。

また、もし、人口松茸が栽培されれば値崩れは必須でしょう。ただのキノコの1種となってしまうでしょう。

そもそも、松茸が美味しいのか?という疑問があります。何も考えないで高いからおいしい、バブルの頃であれば美味しいといえるかもしれません。しかし、ほんとうに松茸に味はなく、食感がシコシコしていて、香りがあるだけです。その香りがおそらくは、松に近いものだろうと思いますが、菌類が出している香りです。それがここまで価値あるものとして認められているのはよくわかりません。

しかし、実際、松茸山を持っている人は、鉄フェンスで囲い、堅牢にガードして、侵入者が入れば猟銃をならして追い払うそうです。トラブルのもとでもあります。誰にも教えないのが一番です。

ただ、しいたけ、しめじ、舞茸と違うのは人工栽培できるかどうか、それだけです。 ほんとうにキノコなんて、光がいらないわけで、ジメジメした日本では、工場みたいなところでいくらでも栽培できます。ほんとうに安く作れてしまうでしょう。安い松茸が果たして価値があるのか?といえば、ないでしょう。

松茸は高いからいいわけで、高くなければ意味がありません。おそらく、天然物といって高値は続くことでしょう。 天然ウナギと同じような感じに高く売れるでしょう。 また、高いということから、普段口にしていないからといって、何かお金を手にした時に、安売りバーゲンと書いてあると、思わず、買ってしまうものです。半額セールとかいてあったら、5000円引きで、5000円です。キノコに5000円とかどうかしてると思いますが、買ってしまう人は大勢いるでしょう。その気持はみな同じです。

*本データは掲載時に調べた一部の情報であり、記載ミス、古い情報などもあります。商品名は表示されている名称であり、記載社名は調査時の販売・製造・生産者名になります。

                           

注目のアイテムを見る

 

 

注目のランキング

 

 

注目のランキング

検索する

ホーム画面に追加する

ブラウザのメニューから「ホーム画面に追加」をするとアイコンが作成されて見やすくなります。

RSSで購読する

*FeedlyなどのRSSリーダーで購読するには以下のURLをご使用ください。

人気のブログを見る

・にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
・ブログランキング

栄養を補給する

 

 

気になるページはブックマークに追加!