*気になったページは「ホーム画面に追加」がおすすめです*

栽培日記

有機質の緩効性肥料

投稿日:2010年1月31日 更新日:

有機質の緩効性肥料

プランターでも大きな野菜を育てられるように、緩効性肥料をホームセンターへ探しに行きました。
もちろん、化成肥料の緩効性肥料です。
本当は、100円ショップで買うのが安上がりで効率が良かったのですが、100円ショップは今年は、コーヒーの粕を固めて肥料として売り出していて、化成肥料の緩効性肥料は見つかりませんでした。

しかし、高いです。園芸やだと、1kgで1000円以上したり。

ホームセンターでは5kgで1400円くらいだったのですが、そんなに要らない。。。

小袋だと、500g400円、2kg800円。

どんどん、ボリュームディスカウントされているのですが、2kg弱欲しいんですが、
800円は出したくない。微妙ですが、そういう細かいところでも、重要な事は妥協したくないんですよね。
自分は出せても500円以下だ。2kgで。

そこで探していると、今まで通過していた油粕のコーナーで発酵油かすに米ぬかと魚粕をいれたものがペレット状になって売られていました。

普通、油粕は安いんですが、成分がNのみっていうのが基本で、アブラムシは寄ってくるわ、臭いわで、ほんといいことなかったんです。おからの腐ったような匂いで。

でも、これは有機質の緩効性肥料です。

緩効性なのか?袋には1ヶ月の肥料効果とありました。
速効性と同じぐらいです。緩効性と呼ぶには3ヶ月ぐらいです。

まーでも、とけてなくなるわけじゃないし、おそらく、水にとけて出ていく成分が1ヶ月で切れる
として、あとは有機質が分解されて栄養となっていくんじゃないでしょうか。。

ということで、勝手に、有機質の緩効性肥料です。

                           -