ガーデニングサプリ

草と花と自然のコンサルタント🥦

気になったページは「ブックマークに追加」

カブ(蕪)の育て方 伝統野菜 伝統食材

日野菜かぶの味と産地

投稿日:2020年10月13日 更新日:

日野菜かぶとは?

日野菜かぶの原材料、成分、料理レシピ、使い方、飲み方、味、産地、歴史、カロリーなどの情報です。美味しく食べて美容と健康にいい食生活にしましょう。

日野菜かぶのデータ

伝統食材名 日野菜かぶ
英語名 Jpanese turnip – Hinona kabu
有名な産地 滋賀県 日野町
伝統食材の説明 最も有名な変わり蕪の1つです。
原材料  
歴史、由来 500年前、室町時代から栽培されてきました。
味、香り、食感の特徴 肉質緻密で美味
よく使われる料理、よく合う料理 塩漬、粕漬、麹漬
有名な商品名など タキイ種苗 日野菜蕪、アタリヤ 日野菜かぶ
値段、希少性、入手性 珍しいです。
カロリー、栄養素 20kcal(100g当たり)
備考、メモ 細い、二十日大根のような蕪です。

条件によっては長くなりますが、太くはなりません。紫色が鮮やかです。 とくにこれといって見た目以外に特徴はなく、身の味がいいとかということもなく、蕪とは違うイメージのしかし大根ではない味がします。硬いので見た目を彩り、料理に向きます。

*本データは掲載時に調べた一部の情報であり、記載ミス、古い情報などもあります。商品名は表示されている名称であり、記載社名は調査時の販売・製造・生産者名になります。

                           

注目のアイテムを見る

 

 

注目のランキング

 

 

注目のランキング

検索する

ホーム画面に追加する

ブラウザのメニューから「ホーム画面に追加」をするとアイコンが作成されて見やすくなります。

RSSで購読する

*FeedlyなどのRSSリーダーで購読するには以下のURLをご使用ください。

人気のブログを見る

・にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
・ブログランキング

栄養を補給する

 

 

気になるページはブックマークに追加!