*気になったページは「ホーム画面に追加」がおすすめです*

栽培日記

低温に強いトマトの品種

投稿日:2010年4月24日 更新日:

低温に強いトマトの品種

できるだけ多くの収穫を得たい。それは限られたガーデニングでは、もっとも重要なことかもしれません。自分もこれを考えていたらやはり、低温に強いトマトの品種を探すことが一番だと考えました。

ハウス用の品種で、真冬に育つ品種もありますが、それは暖房の効いたハウスなので、そういう品種は考えずに露地で個人が手に入る品種を考えていきますと、やはり、デルモンテだなと思いました。

どう考えたって無理でしょうというくらい他の品種とは、相当小さい苗で4初から手に入れることができます。この時期にトマトを植えるなんて普通は無理です。しかもこんな400円ちかいもの。

ふつーは、絶対に買いません。枯れはしないかもしれませんが、成長がとまりだいぶ損をします。

 しかし、去年は、4末に買いましたが、今年は4初に定植しました。去年はデルモンテの1品種だけだったんですが、感覚的に低温に強いトマトだなと思いました。
草勢が強かったんです。圧倒的に。他の普通の品種と比べると、寒い時期から、ガンガン成長していました。これは行けるかと思い、4初に購入です。

今までで一番小さい苗サイズかと思います。10cmに満たないサイズです。しかし、花芽が形成されている。本葉5枚のあとに花芽。これも異常なんですが。。このある種不気味なまでの強さにかけてみました。

ところが、今年は観測史上、っていう寒さでありえないくらいさむかったです。しかし、ヒョウのふるなか、デルモンテは成長してくれました。2Wちょっとで、20cmー30cm、花も開花し始めたものも。。。

普通に今の時期だと開花したアイコなんかの苗が売っているんですが、 この後からです。本当に恐ろしさを感じるのは。5月の伸びがハンパないんです。去年の経験では、4末10cm苗から、5月で圧倒的に他の品種の2倍の大きさになりました。

4末の今の時点でこれだけ成長させておくと、5月はやばいことになります。と思います。

いやー、楽しみです。今年は種が失敗だったんで、期待は高まります。
なくなく、そのスペースに苗を植えていっています。

ほんと、海外品種や自分の欲しい品種は種から作る必要がありますが、こういう収量を考えると圧倒的に少なくなります。何十個もポットを作ったのに、10個もないでしょうか。定植までいけるのは。。かなしい。。

                           -