ガーデニングサプリ

🌺栽培レビューを紹介しています。

気になったページは「ブックマークに追加」

カブ(蕪)の育て方 伝統野菜 食材

今市かぶの味と産地

投稿日:2020年10月13日 更新日:

今市かぶとは?

今市かぶの原材料、成分、料理レシピ、使い方、飲み方、味、産地、歴史、カロリーなどの情報です。美味しく食べて美容と健康にいい食生活にしましょう。

今市かぶのデータ

伝統食材名 今市かぶ
英語名 Jpanese turnip – Imaichi kabu
有名な産地 奈良市今市町
伝統食材の説明 伝統ある奈良県の蕪です。葉の大きさに対して身(根)の大きさが小さいカブです。
原材料  
歴史、由来 いつから栽培されていたかは分かりませんが昭和30年頃まで作られていたそうです。
味、香り、食感の特徴 実も葉も柔らかくてとても美味しいです。
よく使われる料理、よく合う料理 煮物、漬物、炒め料理
有名な商品名など 早生今市蕪(わせいまいちかぶ)
値段、希少性、入手性 希少です。奈良県では作られておらず千葉県産のものなどが入手可能です。種はネットで買うことができます。
カロリー、栄養素 20kcal(100g当たり)
備考、メモ 古い伝統的な蕪です。普段はめったに見ることはありません。

昔ながらの食味を維持した良い蕪です。

*本データは掲載時に調べた一部の情報であり、記載ミス、古い情報などもあります。商品名は表示されている名称であり、記載社名は調査時の販売・製造・生産者名になります。

「ガーデニングサプリ」編集部

草と花と自然の力を取り入れて元気になりましょう。

少し変わった園芸情報を発信しています。一般的な栽培方法と異なるものもあります。

標準的な栽培方法は農協のお店などでお聞き下さい。

                           

欲しい物

楽天市場のおすすめ商品

気になった商品はカートに入れてキープすると後で探しやすくなります。

- PR -

検索する

ガーデニングサプリ

- PR -

 

 

                              気になったアイテムは「ブックマークに追加 ♪ 」 「ガーデニングサプリ」を「ホームに追加」するとアプリのようになります。次回は「ガーデニングサプリ」と検索してお越しください。