ガーデニングサプリ

園芸と家庭菜園のノウハウサイト🥦食物の自然な力を取り入れる!

気になったページは「ブックマークに追加」

ダイコン(大根)の育て方

ラディッシュ(赤丸二十日大根)

投稿日:2020年9月23日 更新日:

ラディッシュ(赤丸二十日大根)の育て方-種まき時期、肥料、間引き、大根の葉、土寄せ、収穫

ラディッシュの育て方

種まきの時期 肥料(1m²あたり) 栽培方法
北海道:5月下旬-8月上旬
冷涼地:5月中旬-8月下旬
中間地:4月下旬-6月中旬、8月上旬-9月上旬
暖地:4月上旬-6月上旬、8月下旬-9月中旬
元肥(例)

・苦土石灰: 0g
・窒素: 6g (N)
・リン酸: 10g (P2O5
・カリウム: 5g (K2O)
・堆肥(牛ふん): 1000g

追肥

・窒素: 0g (N)

種まき方法

種を播く2週間以上前に、堆肥を施肥しておきます。

種は植え穴に点播きか、筋を作って筋播きします。害虫から守るために防虫ネットをかぶせて発芽、育成します。

年内の早い時期に収穫するためには、可能な範囲で早く種まきをします。

収穫時期

種まき後、20日から1ヶ月程度で収穫できます。あまり長い間、収穫しないと、裂根やトウ立ち(硬い筋が根にできてしまう)してしまいますので注意が必要です。

 

発芽の様子です。

二十日大根という別名がありますが、成長が早いわけではなく、普通の大根よりも小さい葉が成長していきます。

重なりあって生えています。ラディッシュは種まきの方法は筋蒔きのことが多いですので、このように密集してしまうことが多いです。

種を人差し指と親指でこすり合わせるようにしながら1粒づつ落としていく感じで種をまきます。

これができるとだいぶ楽に播くことができます。蕪と比べると、種がだいぶ大きいので楽です。

だいぶ成長した様子です。

大根ならこれくらいから成長する感じですが、ラディッシュはもう成長が完了して、収穫の時期といったところです。

気温によって成長が違うので、20日にこだわることはありませんが、あまり遅いとスジがでてきて硬くなってしまいます。

見事に成長しています。
赤いラディッシュ、赤丸二十日大根収穫間近、肥大 地面に少し潜っている感じです。

蕪に近くあまり潜っては居ないのですが、蕪と違って、完全には地面の上に出ていないのが違いです。

大きい物もありますが、放置しておいたので細いものも有ります。揃いがバラバラです。
これはいい感じです。
ちょうどいいです。
こちらは獲り遅れてしまいました。

割れているのか、大きくなりすぎて変形しているようです。

だいぶ不思議な形です。

これも獲り遅れて大きくなっていくうちに不整形な形になってしまいました。小さいと丸くて形がいいものが多いのです。

立派な葉が茂っていますが、少し大きくなりすぎです。
こちらは赤かぶではなくラディッシュです。少し大きいです。
大きくしすぎて、変形しているものです。
切ってみると断面が大きいですが、空洞があります。

また、白いスジが見えます。これでは硬くて食べるのが大変です。じっくり煮込めば食べれないことはありませんが、サラダに入っているラディッシュとはだいぶ違います。

小さくてもサラダで丸ごと1個入っているラ・ディッシュを食べるのはかなり歯が丈夫でないと難しいです。

よくサラダを売りにしているレストランで出てきますが、あまりああいう食べ方は最適とは思えません。

何か料理に使えないかと模索中です。

 

                           -

注目のアイテムを見る

 

 

注目のランキング

 

 

注目のランキング

検索する

ホーム画面に追加する

ブラウザのメニューから「ホーム画面に追加」をするとアイコンが作成されて見やすくなります。

RSSで購読する

*FeedlyなどのRSSリーダーで購読するには以下のURLをご使用ください。

人気のブログを見る

・にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
・ブログランキング

栄養を補給する

 

 

気になるページはブックマークに追加!