ガーデニングサプリ

草と花と自然のコンサルタント🥦

気になったページは「ブックマークに追加」

ラッカセイ(落花生、ピーナッツ)の育て方 種まき方法

ラッカセイ(落花生、ピーナッツ)のたね

投稿日:2020年9月23日 更新日:

ラッカセイ(落花生、ピーナッツ)の種まき方法-時期、発芽適温、発芽日数、発芽難易度-難しい?簡単?-育て方

種の外観

種の大きさ、重さ

大きさはおなじみのサイズです。

種の構造

普段からよく食べていると、嫌というほど種の構造に熟知していると思われます。

種まきの発芽の難しさ

発芽適温:20~度、発芽日数:5日~1週間

種まき時期:5~6月頃(平野部)

落花生の種まき方法

地温が20度以上になってから種を播くという例があります。これはかなりの温度で、地面がそれだけの温度になるというのは、気温は30度近い日を連発しているくらいです。

それくらい暑いことがラッカセイの種まきには必要な条件になります。そうでない場合、見るからに栄養の塊である、ピーナッツです。水にふやかして、細菌、微生物だらけの土の中に入れておけば、あっという間に、、、、

そうです。どう考えても中途半端に暑くても、あつすぎてぬるま湯になっても、ピーナッツ納豆が出来上がってしまいます。

そうならないためには、乾燥、最適な高温で一気に発芽させる!ことです。

よく、ラッカセイの産地は砂地でカラカラの乾いて、日の良く当たる、スイカができそうなところが多いです。そのような天候が落花生にはいいのだと思います。

また、地面へ実をならすための枝を突き刺して成長していきますが、これも柔らかいサラサラした土の方がいいようです。

しかし、先端は意外と鋭く、マルチのビニールを突き通して、地面の下に潜ることもあるようです。でも、失敗してあまり潜れないという情報もありますので、マルチはあまり使わないほうがいいかもしれません。

部屋で寒いうちに高温にして発芽させようなんて、ほぼ失敗確実です。

無駄な事はやめて、十分に暑くなってから地面に播いたほうが得なようです。急いでもあまりいいことはありません。

                           - #

注目のアイテムを見る

 

 

注目のランキング

 

 

注目のランキング

検索する

ホーム画面に追加する

ブラウザのメニューから「ホーム画面に追加」をするとアイコンが作成されて見やすくなります。

RSSで購読する

*FeedlyなどのRSSリーダーで購読するには以下のURLをご使用ください。

人気のブログを見る

・にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
・ブログランキング

栄養を補給する

 

 

気になるページはブックマークに追加!