*気になったページは「ホーム画面に追加」がおすすめです*

栽培日記

ミニトマト アイコについて考える

投稿日:2010年5月5日 更新日:

ミニトマト アイコについて考える

サカタの種が開発したアイコですが、今やミニトマトの中では不動の地位をきづいています。
ごく最近になって、発売され、シシリアンルージュなどと姉妹品や各メーカーからプラム型トマトがこぞって発売されはじめました。

あまりの人気なのですが、今年はやめようかと思っていました。味がやはり甘さメインで、中玉のような味ではなかったので。一般的なミニトマトよりは断然美味しいですが。
一般的なミニトマト、千果、ココなどは、甘いというか、なんか微妙な味がするときがあって、どうしても好きになれません。昔のミニトマトは中玉のような味だったんですが、生産性で変わっていったんでしょうが。

ということで、スーパーのトマトコーナへ行っても、アイコはありません。まず。なんで??
あっても高い。中玉は最近はあります。しかし、高い。あとは一般的なミニ。

アイコは、生産性は、上位に近づくと、果房が2つとかになるようで、多少は収量は増えます。枝を増やせばそれなりに収穫出来ると思います。
あとは、成長力です。一昨年育てたときに実感しましたし、今年も苗の様子を見ても、とにかく、成長が激しいと感じます。他の品種に比べると。1株あたり何kg収穫出来るか楽しみです。
頑張ってみようと思います。
 
我が家の主力品種になるかもしれません。今年は、25%がアイコです。

あと、アイコっていう名前がいまいちかなーと思います。個人的には 。桃太郎も、名前がちょっと。。。
シシリアンルージュとか付けていればもっと、大切にされていたと思いますね。
ある農家のブログでシシリアンルージュとアイコを作り比べしていましたが、アイコの方が良好、変わらない、程度の結果が出ていました。

人気No.1です。今でもアイコは。みんな展示されているアイコの鉢植えを見て感動してせっせと苗を購入していきます。

                           -