*気になったページは「ホーム画面に追加」がおすすめです*

栽培日記

プリンチペ・ボルゲーゼ

投稿日:2010年3月25日 更新日:

プリンチペ・ボルゲーゼ

これも購入したイタリアのミニトマトの種です。

特徴は水が少なく、ドライトマトに向くそうです。

これも調子よく、成長しています。今は温室の中で順調いに本葉を2枚だしています。
イタリアトマトはいくつか買ったのですが、大型のトマトよりも、このプリンチペ・ボルゲーゼやローマトマトの生長が良いように感じます。

寒い中での成長力が強いのでしょうか。。
それにしても、種からちゃんと苗が作れたという実績がイマイチないんです。

できても、時期がおそく5末の定植になったり、ひょろひょろで根が弱い苗だったとか、。
ほんと、100円で帰る苗ってすばらしいと思える感じです。
しかし、自分で品種を考えて育てようとすると、おのづと種からになります。
送料も安いですし。

そういうわけで、キュウリは簡単ですが、トマトの苗作りを練習しているところです。
しかし、一般人です。温室っていっていますが、実は、ただの衣装BOXです。
あの例の押入れに入っているやつです。

これを使うのは今年が初めてです。果たして本当に上手くできるのでしょうか?
ある人のブログで見て真似しようと思いました。
1ケースで20ポットから30ポット入ります。

個人ではこれくらいで十分です。

プリンチペ・ボルゲーゼは、市場では有名なようで、イタリアでは一般的で日本でも生産者がいて入手できそうです。

皮が厚くて実も厚い。加熱用か?という気もしますが、生で食べれるようです。
あと、これを気に今年はドライトマトにも挑戦してみようと思います。
大量にトマトを収穫して、1年間持たせるためです。

今年は店で生のトマトを買っていません。いや、1度買いました。
冬場は買いたい衝動に駆られるんですが、どうしてもかってなるものかとおもって、いて、
買いませんでした。

しかし、ついついマーケティング戦略に載せられ、買ってしまいました。高いトマト。
ただのファーストトマトのくせに。
すっげーまずぅ。という感想です。これ以来、もう店でトマトを買うもんかと言う感じです。

缶詰のイタリアトマトはよく買います。生に比べて安いですし、イタリアから輸入しているっていうのにこの値段。
ほんと、この国でトマトが流行らないのは、その値段と高級さを売りにしているフルーツ感覚にしているところだと思います。でも野菜で一番はやっているのがトマトなんですが。

こりゃ、ダメです。日本の野菜事情は解決しそうにありません。
だからこそ自分で作ることが、価値があるんだと思います。

                           -