ガーデニングサプリ

園芸と家庭菜園のノウハウサイト🥦食物の自然な力を取り入れる!

気になったページは「ブックマークに追加」

ヒョウタン(瓢箪)の育て方 種まき方法

ヒョウタン(瓢箪)の種まき方法

投稿日:

ヒョウタン(瓢箪)の種まき方法-時期、発芽適温、発芽日数、発芽難易度-難しい?簡単?-育て方

ひょうたんの種の外観

種の大きさ、重さ

長さ1cm程度の細長いタネをしています。ヒマワリに形が似ているような気もします。しかし、見た目が完全に違います。茶色い綺麗な殻に包まれていて、軽い感じがします。

種の構造

通常のように双葉が出てくるタイプです。

硬いからに包まれていて、でこぼことして角ばった感じのタネです。 とても硬い感じです。ひょうたんの乾燥した時の硬さを考えるとなにか近いものがあるかもしれません。

種まきの発芽の難しさ

発芽適温:25度~30度、発芽日数:1~2週間程度

ひょうたんの種まき方法

意外と高温性の中では低い方なのでゴーヤーなどよりは簡単に発芽させることができます。

種まきの手順はふつうになにも考えずとも大丈夫です。清潔な土にタネを播き、土をかぶせて水をやり、保温して待つだけです。

セルトレイなどは、種まき後には上から水を撒くと、タネが流れてしまうので、底面から吸わせるか、予め十分に水分を含ませた状態の土に種まきをします。

また、水につけて、芽出しする行為はあまりよくないようです。

高温性と思いつつ、覚悟していたのですが、思ったよりは、綺麗によく発芽しました。

このことから、高温はあまり必要じゃないかもしれません。低温で発芽しやすいものは簡単で、高温が要求されるものは難しいものという判断になるのかもしれません。

それでも、難しいと思います。ひょうたんはさすがに、簡単に発芽とはいえないかもしれません。

しかし、水に付けないほうがいいというのに、水につけてしまいました。一応、無事に発芽しました。

 

                           - #

注目のアイテムを見る

 

 

注目のランキング

 

 

注目のランキング

検索する

ホーム画面に追加する

ブラウザのメニューから「ホーム画面に追加」をするとアイコンが作成されて見やすくなります。

RSSで購読する

*FeedlyなどのRSSリーダーで購読するには以下のURLをご使用ください。

人気のブログを見る

・にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
・ブログランキング

栄養を補給する

 

 

気になるページはブックマークに追加!