ガーデニングサプリ

草と花と自然のコンサルタント🥦

気になったページは「ブックマークに追加」

種まき方法 花の育て方 菜の育て方

ナノハナ(菜の花)のたね

投稿日:2020年9月23日 更新日:

ナノハナ(菜の花)の種まき方法-時期、発芽適温、発芽日数、発芽難易度-難しい?簡単?-育て方

 

種の外観


一般的な菜種類の種です。


菜種の中には、茶色混じりではなく、完全に黒い種だけのものもあります。
こういう種類は、ブロッコリー、キャベツなどのように銀色がかった葉の色をしているものが多いようです。
おそらく、表面にうっすらと見える光沢のようなものが、光沢や銀色の感じを出しているのだと思います。

種の大きさ、重さ

大きさは1.5mmです。

種の構造

中身はマスタードというくらいで、粒がらしの色をしています。菜種油にマスタードと利用価値の高い植物です。

種まきの発芽の難しさ

発芽適温:20~25度、発芽日数:3~5日

種まき時期:9月頃~(平野部)

菜の花の種まき方法

菜の花という植物はおそらく、菜という名前がつく、アブラナ科の植物全般を指しているのだと思うのですが、なんでもそうかというと、白菜もたしかに3~4月頃には綺麗な菜の花が咲くのですが、白菜だけあって、株元には大きな葉が広がっていて、花のためにそこまでの葉をつける品種を使う必要もありません。

観賞用の花壇に植える花としての菜の花は、白菜系の葉が黄緑色のものが多い気がします。キャベツ、ブロッコリーからも黄色い花が咲きますが、これらは葉の色がブルーがかった青緑色です。

また、花の色も薄い黄色で、1つ1つが大きいです。ブロッコリーは密集した花を咲かせることでは他に負けませんが、花壇に最適かというと、どうもイマイチです。

そこで、一番いいのは、蕾を食べるための菜の花の品種があればいいのですが、なければ、高菜などを使うと、かなりの花の数と密集具合と大きさ、派手さ、迫力を得ることが出来ます。

様々な菜という名前がつく植物で、小松菜、白菜、高菜、わさび菜、野沢菜、山東菜、冬菜、水菜、、、、、、、、

と、数知れないほどの種類がありますが、40種類程度の中では1番、花が大きくて綺麗なのは高菜でした。

高菜はかなり大きな葉となり、根も成長して土の中で張っています。そのため、花が咲くときもものすごい数の花が一斉に咲きだして、株が大きいだけに花も大きくて1本の花芽に大量の花を咲かせます。

そして、高さもかなりの高さがあり、人の背丈くらいまで成長します。そして、大量の種のはいったサヤを信じられないくらいたくさんつけてくれます。これが勝手にまた発芽すると、翌シーズン、夏場も成長していき、常に緑が絶えません。

少し大きいですが、なかなか、おもしろいです。

 

                           - # #

注目のアイテムを見る

 

 

注目のランキング

 

 

注目のランキング

検索する

ホーム画面に追加する

ブラウザのメニューから「ホーム画面に追加」をするとアイコンが作成されて見やすくなります。

RSSで購読する

*FeedlyなどのRSSリーダーで購読するには以下のURLをご使用ください。

人気のブログを見る

・にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
・ブログランキング

栄養を補給する

 

 

気になるページはブックマークに追加!