*気になったページは「ホーム画面に追加」がおすすめです*

栽培日記

トマトソースに適したトマトの品種

投稿日:2010年12月1日 更新日:

トマトソースに適したトマトの品種

トマトは栽培してみて始めてその性質がわかります。

自分も経験上からいうと、以下のような品種に期待が高まります。

ブラックチェリートマトなどの、黒系トマト

調理用トマト、イタリアントマトなどの赤系トマト → ロマネスコ

バイカラーと呼ばれる、複数の色が混じって、グラデーションが鮮やかな品種

ここでは、桃太郎などの品種は、もはや慣行品種なので、あえて例に挙げません。

やはり、桃太郎、とくに家庭菜園でやるような露地野菜の場合には、ホーム桃太郎が良いですが、やはり、店へ行けばかえるということで、あえて自分で作ってみるという楽しみからはかけ離れてしまうので、はずしました。

赤系と、黒系がいいと思います。

今後は。

赤系もプラム型のものは、缶詰でホールトマトといい安く売られています。

赤系の大玉トマトもそのまま食べるのでは、それほどおいしいという気もしません。

しかし、いったい、じゃ、何がいいのでしょうか??

それは難しいですね。やはり、如何にして自分のオリジナルソースを作り出すかということだと思います。

この品種のトマトをソースにするとこういう味、これをソースにするとこういう味といいうのがあって、最適な料理にあったベストなソースを作って使うということでしょうか。

赤系トマトをソースにした場合、
あきらかに味がちがいます。色も。
それは、大きく分けて、3種類以上はありました。

・マイルドでな味わいで色がオレンジ色に近いもの

・かぎりなくトマトケチャップに近い味と色 → ローマなど

・酸味とうまみがバランスよく、そして、色が赤い → コストルート ジュノベーゼ

・甘い+結構おいしい → 千果

・黒系トマトのソースは、収穫量が少なくできませんでした。

・緑色のトマトをソースにすると面白いといいます。

・白いトマトなど。

ソースのいいところは、大量にできても処理できる。保存もきく。ということで、非常に優れた使い方だと思います。

栄養分もそのまま、量も生でたべるよりも多く食べれます。

トマトソースに適したトマトの品種をこれからも探求していきたい思います。

                           -