*気になったページは「ホーム画面に追加」がおすすめです*

栽培日記

トマトの栽培方法について

投稿日:2012年2月7日 更新日:

トマトの栽培方法について

トマトの栽培方法について、今まで何度か紹介してきましたがトマトの栽培方法はいたって簡単です。特に何もしなくても収穫をすることができます。
逆に収穫ができないときには何をやっても無理だということがあります。
そのような時はやり方が悪いのではなく環境が悪いのだということで場所を変えるなり、諦めるしなりした方が賢明でしょう。

特に重要なのは日光、日当たりの問題です。できるけど多少問題があるとかないとかというのは、どうにかなりますが、全くできないと言うのは得てして日当たりの問題によるものが多いです。

またトマトを作るときに一番重要なのは苗だと思います。

トマトの栽培方法の中で一番重要なのがトマトの苗づくりです。

トマトの苗を作る時期はちょうど冬の厳寒期に当たっていて、屋外では栽培できません。これが趣味でトマトを栽培しようとする人にとって一番大きなネックとなっています。生産農家は温室で暖房をつけながらトマトの苗を育てます。
しかし一般家庭においては温室やビニールハウスなどを設置することも難しく、かりに設置したとしてもそれほど暖かくなりません。

また室内で育てるという方法もありますが、窓が南側にちょうどあるかどうかも難しい問題です。
そこで役に立つのが人口照明になります。普通は蛍光灯を使って栽培しているのですが、レタスなど簡単に育てることができます。

しかしトマトほどの高光量を必要とする野菜はなかなか難しいというのが現実です。蛍光灯には自然にある光の中で赤緑青の光を合わせて、自然な光のように見せかけています。しかしこの三色がどれも同じ位の強さがあるというわけではありません。特に赤色が最も弱いのです。

これが蛍光灯で植物を育成するときの問題点でした。最近ではLEDランプが発達しましたこのLEDランプの赤色を使うことによって植物を効率的に育てることができるようになりました。

しかも電気代も蛍光灯などに比べてお安いものになりました。昔アメリカのサイトで真っ赤な光をつけながらトマトの苗を栽培しているガーデナーがいいてすごく不思議でした。あれは実は赤色LEDだったのです。最近になって、日本でもこのような植物用の照明が出回っているようですので室内でトマトの苗が育てられそうです。
これでトマトの栽培はまた一段と身近なものになるでしょう。

室内栽培の専門店
http://world5trading.co.jp/SHOP/824196/list.html

                           -

-最新のガーデニング情報を配信!-
友だち追加
-PR-