*気になったページは「ホーム画面に追加」がおすすめです*

栽培日記

トマトの味くらべ

投稿日:2010年7月15日 更新日:

トマトの味くらべ

ここにきて、トマトの収穫は最盛期を迎えたのか、1日に50個ペースで収穫できます。
去年の20倍以上。。

去年があまりにさんざんだったので、今年は新調になりすぎ、相当、気を使いました。

さて、味くらべですが、
ラインナップ品種は、

サマーキッス
リトルサマーキッス
トウィンクル
フルーツルビーEX
ビタミンエース
招福パワー
フルティカ
アイコ
イエローミミ
レッドオーレ

です。味や収量などを含めた総合順位は、
1位 ビタミンエース、サマーキッス、フルーツルビーEX、アイコ、レッドオーレ
2位 フルティカ、招福パワー
3位 イエローミミ

圏外 リトルサマーキッス、トウィンクル 

あるホームページで国産中玉トマトでこれを超える味はない。と、言われていたので、リトルサマーキッスは、かなり期待したのですが、育て方なのか、いまいち、だいぶ、イマイチです。

総合的に考えて、1位の中でも1番を選ぶとすると、
玉の大きさと成る数を考慮にいれて、ビタミンエースが一番でした。
1房に20個以上のゴルフボール大の実がなりました。オレンジというより、若干、オレンジがかかった赤色という感じでした。味は甘みが強く、酸味はほとんどありませんでした。巨峰のようにトマトがたくさんなっている光景は見ていてうれしかったです。

次は、サマーキッスでしょうか。。。
大玉で、実つきがよく、柔らかいが、裂果はしなく、甘い目のトマトができました。
うちはわき芽は取らないので、小ぶりのものがとれるのですが、いわゆる高糖度栽培でもしたトマトのように甘い感じでした。(そこまで甘くはありませんが。)
ただ、わき芽が増えて、1本から10本以上の枝が伸びていますが、それでも、実は100g超を維持していてとてもすばらしい生育力です。

次はレッドオーレです。これは食べてみてわかったのですが、昔、初めてミニトマトを適当に庭に植えて作ったら、本当に美味しいトマトができて、店で売っているものとは比較にならないと思って、来年もそだてようかと思いきや、品種がわからなかったのです。それがようやく、わかりました。
レッドオーレかフルティカなんだろうとは思っていたのでしたが、レッドオーレでした。甘すぎず、旨味あり。これは確かにベスト中玉といえると思います。一方、フルティカは皮がやわらかいのは事実ですが、前評判に反し、イマイチでした。

次は、やはり去年から入れ込んでいる、フルーツルビーです。これはもはや、本当にいい品種なんだと思います。わき芽を取らずに散々、放任してそだてていますが、実はまぎれもなく、巨大な中玉サイズ。一般的な中玉とは違います。それが、ほとんど花が咲いた分だけなります。味も濃く、甘みだけでなく、酸味、甘味があり、一番、切れのある味だと思います。
たしかに、人間たくさん食べていると、どうしてもシャープな味より、甘い、ソフトな感じを求めるのかもしれません。それで、去年のような新鮮さはありませんが、やはり、この品種は良いと思います。

その次にアイコです。
格安苗品種でありながら、はずせません。こう毎日、トマトを食べていると、やはり、どれを食べるか、選り好みをするようになります。比較して、美味しい品種は先に食べてしまいます。
どうしても、残ってしまう品種はいつも同じです。また、食べる前にこれはこの品種なんだという気持ちで食べます。そうしないと、違う味を予想していたのに、美味しくなくてがっかりということになります。
デルモンテの苗と比べると、その他の苗は半値以下で売られています。安いと美味しくないのか?ということになりますが、たしかに、デルモンテは高いだけあって、それなりにすごいものが売られている気がします。その格安普及苗の中で、アイコだけは健闘しました。
他の品種とは別格といえます。本当に美味しいので、特別扱いです。フルティカなんか、店頭で高く生鮮として売られていると思いますが、うちのほうではアイコはまず観ることはないんですが、アイコはフルティカなんかよりずーっとおいしいのです。
それがすごいなと思いました。

                           -