*気になったページは「ブックマークに追加」*

- おすすめのサイト -

栽培日記

トマトのわき芽は取らなきゃいけないの?

投稿日:2010年5月6日 更新日:

トマトのわき芽は取らなきゃいけないの?

という、大きな疑問にぶつかります。
ほぼ間違いなく栽培方法でトマトの脇芽は取りましょう。と書いてあります。

家庭菜園で好きにやっている人にそんなアドバイスや指示はやめておいた方がいいと思います。

ほんと、大玉であれ、中玉、ミニであれ、トマトの脇芽は取らなきゃいけないのか?

そんなことを考えて実践して見たんですが、それはほんと個人の自由、好き勝手です。
そんなことをアドバイスされるのはほんとはた迷惑だと思います。

ハウスや農地で、40cm間隔、下手すりゃもっと30cm間隔とかでトマトを育てる場合を考えます。
その場合、わき芽が伸びてきて枝になると、邪魔で仕方がありません。他のトマトが日陰になり成長がとまってしまうかもしれません。また、紐で結ぶ手間が増えます。支柱もその分よけいに必要になります。

また、わき芽から伸びた枝にもちゃんと花はついていくのですが、1段目の花のすぐ下から出たわき芽でも、葉が3枚出てから花芽がでますので、2本の苗を植えた場合と比べると1段遅れることになります。

そう考えると、効率化の観点で、トマトのわき芽は取るべきだということになります。

しかし、個人で栽培するのにわき芽を取る意味があるのか???

好きにやってください。それがいいと思います。邪魔になれば、枝を切ればいいですし。
枝が増えれば、それだけ根も増えます。地上部分が伸びた分、根も同じだけ伸びていると考えるといいと思います。ですので、わき芽が伸びて栄養分がそっちへ流れてもったいないと言いますが、脇芽が伸びたらその分根も増えるので、その分の栄養は確保されています。

ですので、スペースに合わせてわき芽をとったりとらなかったり自由にやったらいいと思います。
日が当たらなくなった芽は花も付きませんし、成長もストップしてしまいますので、うまい具合に茂らせてみるといいと思います。

                           -

検索する

おすすめのサイト

RSSで購読する

*FeedlyなどのRSSリーダーで購読するには以下のURLをご使用ください。

人気のブログを見る

・にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
・ブログランキング

栄養補給する