ガーデニングサプリ

草と花と自然のコンサルタント🥦

気になったページは「ブックマークに追加」

ターサイ(搨菜)の育て方

ターサイ(搨菜)

投稿日:2020年9月22日 更新日:

ターサイ(搨菜)の育て方-肥料追肥、種まき時期方法、収穫時期目安-

魅惑的な野菜。エキゾチックな野菜。ターサイ。

炒めていいターサイ。

どこかでみたことある、ターサイ。

ターサイ(搨菜)の育て方

種まきの時期 肥料(1m²あたり) 栽培方法
高冷地:7月上旬-8月上旬
冷涼地

中間地:8月中旬-10月中旬

暖地:9月上旬-10月下旬

元肥(例)

・化成肥料や有機肥料などを説明書の指示通りに与えます。

・堆肥:牛ふんなどを 1000g程度与えます。(例)

追肥

・必要に応じて与えます。

種まき方法

種を播く2週間以上前に、堆肥を施肥しておきます。
種は筋を作って筋播きします。害虫から守るために防虫ネットをかぶせて発芽、育成します。

年内の早い時期に収穫するためには、可能な範囲で早く種まきをします。しかし、夏場は害虫の発生が多いので、9月に入って虫が落ち着いてからの方が育てやすいかもしれません。

筋播きで種まきするので密集してしまいますので、発芽後、すぐにと、本葉が3,4枚生えてきてからと、あとは様子を見ながら選抜していきます。
春の花が咲く時期さえ避ければ、一年中、栽培することも可能です。温度さえ確保できれば成長します。

収穫時期

種まき後、2ヶ月~3ヶ月程度で大きくなったものを収穫できますが、葉を食べるため、いつでも収穫できます。

 

見た感じ小松菜に見えます。なぜでしょう???
どう見ても小松菜にしかみえません。

美味しそうなミドリが一番濃い葉やさいです。

葉がちょっと丸いです。

これが特徴です。茎も真っ青、いや、緑。

だいたい、成長が遅いので、忘れたころに、霜が降りてきて、気が付くと、こういうふうになっています。

地べたを這うようになっています。

 

さらに寒くなってこうやって、よりいっそう引き伸ばされます。

真冬ですので、もう、放置しかありません。

育て方、それは放置すること。、。

それがターサイ。

春になると手遅れです。

早く収穫しておけばよかった。といってもおそいです。

もう、カッチカチになっていて食べられません。

花が咲いています。蕾がみえます。
見事な花ブロッコリーのようで花瓶にかざりたいくらいです。
綺麗な菜の花です。
葉は綺麗です。
こうやってみると、うまくできている小松菜のようです。

しかし、ターサイとしては大失敗です。

これはとり遅れのターサイです。

現代の小松菜の改良のもとになっているらしい。ターサイ。

どこからどうみても、平べったいターサイが売られているところを大型スーパーではみませんが、葉が4枚くらいのものが売られています。品種は小松菜とかいてあります。

でも、ターサイです。の仲間だと思います。

これみればわかると思います。

だから、知らない間に食べているターサイ。

そして、本来のターサイはほとんど、食べない、小松菜を買えばそれでいい。代用品になるということでしょう。

だから、冬にならないと完成しないターサイは不条理なものです。

                           -

注目のアイテムを見る

 

 

注目のランキング

 

 

注目のランキング

検索する

ホーム画面に追加する

ブラウザのメニューから「ホーム画面に追加」をするとアイコンが作成されて見やすくなります。

RSSで購読する

*FeedlyなどのRSSリーダーで購読するには以下のURLをご使用ください。

人気のブログを見る

・にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
・ブログランキング

栄養を補給する

 

 

気になるページはブックマークに追加!