クッキー規制からの個人ターゲティング広告不可からのYouTube視聴者層でのターゲティング広告へ。つまりはTVCMがYouTube CMにシフトするようなイメージになる?

クッキー規制からの個人ターゲティング広告不可からのYouTube視聴者層でのターゲティング広告へ。つまりはTVCMがYouTube CMにシフトするようなイメージになる?

ということでして大企業が広告代理店を通してYouTubeにCMを流すような流れが加速して、TVチャンネルなのかYTチャンネルなのかという違いになるくらいの未来が見えてきました。

そうなってくると必然的にスポンサーが付かない動画を流しているYouTube投稿者は広告を表示したくないと考えるものです。

売れない動画、それが採算のあわない動画をアップしている投稿者は動画を削除するということになるのかもしれないです。

広告主との兼ね合いを考えると大手企業を批判したり新聞社などの紙媒体の大手メディアなどはスポンサーになりうるわけですから決して動画でふれてはいけないという暗黙の了解が生まれるわけです。

そうなると色々と納得できます。

つまり、芸能人のように芸がないと駄目だよ!

ということなのでしょう。

事務所に所属していなくても活動できるタレントのようなイメージでしょう。

でも、芸能人に芸で勝負するっていうんですからそれは今から下積み時代を経て修行して実力を付けてデビューするっていうくらい大変なもので、有名ユーチューバーはみなさんだいたい、芸やタレント性やカリスマがあります。

無いのに人を引きつける場合はTVなどでは放送してもらえないコンテンツで注目を集めているような場合がほとんどで、一般人がY ouTubeで広告費用で儲けようとしたら儲かる系コンテンツをアップしていくようなものだと思えばイメージしやすいでしょう。

普通に考えると「おしまい」です。

「おつかれさまでした。」

という言葉があっているとかと思います。このやり場のない怒りはG社へ向けられるのでしょう。

しかし、ほとんどの人が投稿者ではなく視聴者なのであまり問題とならないのかもしれません。ほんとうにひどい話です。

TVといえば芸を磨いている人にとってはほんとうにごく一部の人だけが出ることができる舞台です。

ほとんどの人が日の目を見ていません。

それが事務所がYouTube解禁としてくれれば大量の芸を持ったタレントがあふれかえることになります。

ここで一般人が何か喋っているYouTube動画を見て楽しいと思う人はあまりいません。

TVは今度はYouTubeで優れた実績を出した人だけを出演させたらいいわけです。

プラン、公平性、話題性、視聴者が戻ってくる、あらゆる点において嬉しいわけです。

ほんとうに賢いですね。

もうまいったというしかありません。

舞台とか劇場とかで出るように誰でも簡単に放映してもらえるのがYouTubeです。

事務所が解禁するかしないかですが、もうすでに全面解禁することが予想できてしまいます。

有名タレントが登場していますから。

そうです。

個人ターゲティング広告が潰されるっていうことはこういうことなんですね。

ほんとうに恐れ入ります。

クッキーを規制して既存広告会社を盛り上げて、G社も安定して収益を得られるわけです。

SNSも個人情報とりまくりで名簿リストを企業に使わせる代わりに広告費を受け取るというのもカリフォルニア発で厳しくなってくると思いますが、ただ、リンク付きの商品広告を見せるだけで買うだなんて甘くはありません。

そんなことが通用しないと分かってきたと思います。

近所の八百屋が自動レジになって無人化しました。

しかし、お客さんは誰も近づこうとしません。

次の週には店員が一人、二人と増えていき、今では以前と同じだけの人が店員として働いています。

セルフレジを店員さんがかわりに手伝ってあげているという状態です。

なんでも自動化すればいいってもんじゃないんですよ。ほんとに。

そういうことでした。