ガーデニングサプリ

園芸と家庭菜園のノウハウサイト🥦食物の自然な力を取り入れる!

気になったページは「ブックマークに追加」

エダマメ(枝豆)、ダイズ(大豆)の育て方 マメ(豆)の育て方 種まき方法

エダマメ(枝豆)、ダイズ(大豆)の種まき方法

投稿日:2020年9月23日 更新日:

エダマメ(枝豆)、ダイズ(大豆)の種まき方法-時期、発芽適温、発芽日数、発芽難易度-難しい?簡単?-育て方

種の外観

種の大きさ、重さ

見たまんまの大豆です。黒い皮のものから、肌色、その他の色など、各種さまざまな品種があります。地方により、色や形などは違います。

基本的に大豆なので、乾燥していると丸い円形をしていて綺麗な形です。固く、かなり力を加えるとカリッと割れますが、とても固いです。

水に浸かると形も楕円形になり、大きさも大きくなって、ぶよぶよとした感じになり、1日以内に腐敗が始まってしまいます。 もちろん、ゆでたりすると大変やわらかくなります。納豆、醤油や味噌を作る工程を考えればイメージが湧きます。

種の構造

大豆の最大の特徴はおおきな子葉です。この部分が栄養源であり、種を食べるときの栄養源でもあります。タンパク質が豊富な植物として重宝されています。

種まきの発芽の難しさ

発芽適温:20度~35度、発芽日数:3~5日

枝豆の種まき方法

できるだけ、清潔な土に種を蒔きます。

もやしを作る場合には水耕栽培で、水だけを張った平皿の上に播きます。水は毎日、朝晩替えると清潔な状態を保てます。

発芽自体は非常に簡単で、どういう環境でも水と温度だけがあっていれば発芽します。

とにかく、マメという性質上、傷みやすいため、細菌やカビが生えやすい環境では上手く育ちません。

短期で終わるため、発芽実験に使われることが多い大豆です。

何かと科学テクノロジーが施され、実験的な使われ方をよくしています。

それはやはり、育ちやすい、早い!栄養価が高くて有用な植物であるということからでしょう。そういうだけあって、ほんとうに早いです。

種を播いたら、もうあっという間に発芽して育ってしまいます。さらに、大豆は完熟果ですが、日本では若さやを枝豆として食べたり、スプラウトをもやしといって食べています。

このもやしの生産スピードは農産物の中でもトップクラスです。

 

                           - #

注目のアイテムを見る

 

 

注目のランキング

 

 

注目のランキング

検索する

ホーム画面に追加する

ブラウザのメニューから「ホーム画面に追加」をするとアイコンが作成されて見やすくなります。

RSSで購読する

*FeedlyなどのRSSリーダーで購読するには以下のURLをご使用ください。

人気のブログを見る

・にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
・ブログランキング

栄養を補給する

 

 

気になるページはブックマークに追加!