ガーデニングサプリの壺

好奇心が湧く「栽培方法」と「クチコミ」サイト🥦

気になったページは「ブックマークに追加」

肥料と土作り

【家庭菜園で自然農法するなら培養土を再生】プランターの土づくりは簡単?

投稿日:

プランターの土づくりは簡単?

畑よりもプランターの土作りの方が難しいものです。それを初心者がやるわけですから世間の情報に騙されてしまうことも多いようです。

プランターや鉢植えの土づくりとは?

とにかく、何十年も経過した庭の土、自然の森の土が最高だと考えましょう。

これに近づくためにどうやったらいいのか?

そういうアプローチでいいと思います。

最も簡単な方法は、

「成熟した庭の土を掘り起こしてプランターに入れる」

ことです。

答えは簡単です。

すぐに終わります。

でも、プランター愛好家や鉢植え至上主義のガーデナーにとってはそうはいかないものです。

掘っていい庭ってあまりありません。山林を勝手に掘ると処罰されます。

培養土を再生する方法

  1. 古くなったプランターや鉢をひっくり返して土を新聞紙やトロ舟にあけます。
  2. 固まりを崩して大きな根やゴミを拾って捨てます。
  3. 有機物(腐葉土、バークッチップ、発酵牛糞)を入れます。無くても大丈夫です。
  4. 再びプランターに戻します。
  5. 植物を植えます。
  6. 水を与えます。
  7. 有機肥料で追肥を行って育てます。

土の消毒は以前の植物が元気に育っていたり、同じ種類の植物を育てる時に問題となることもありますが、中途半端な黒ビニール袋に入れて直射日光で何日放置という方法では何も変わりませんので、農薬で消毒したり高温で焼いたりしない限りは何もしないのと変わりないと思います。

家庭菜園で自然農法

何が自然かはわかりませんが、家庭菜園でプランターで自然農法をするなら、土の再生、土づくりを考えればいいと思います。

無農薬はもちろん可能ですが、雑草をそのままにして育てるとかそういうのは意味がありません。

化成肥料を使わないというこだわりも大事だと思います。

  1. プランターの土を再生して使う。捨てない!
  2. 化成肥料を使わない
  3. 農薬を使わない

以上の3つの「ない」を実践すれば家庭菜園でプランターで自然農法をしているよといってもいいと思います。

「肥料や土作り」で人気のページ

少し変わった園芸サイトです。草と花と自然のコンサルタント。自然の力を取り入れて元気になりましょう。

                           

欲しい物

おすすめの商品

気になった商品はカートに入れてキープすると後で探しやすくなります。

 

 

 

 

 

 

検索する

RSSで購読する

*FeedlyなどのRSSリーダーで購読するには以下のURLをご使用ください。

 

 

                              気になったアイテムは「ブックマークに追加 ♪ 」 「ガーデニングサプリの壺」を「ホームに追加」するとアプリのようになります。